2021.12.10 / BLOG

アラフォー世代は健康に生きるか否か分かれ道

 
【生き生きと活動している自分を想像する】
なぜアラフォーが分かれ道になるのか。
これは持論も含まれてはいますが、30代後半に突入してから、
20代、30代前半とは明らかに身体が違うと感じる方が多いという事。
 
消化に時間がかかったり、暴飲暴食した翌日の体感が違ったり、
筋肉痛が2・3日後にやってきたり…
20代の頃とは違う…
みなさんにも1度は体感があるのではないでしょうか?
 
今の生活をずっと送り続け、素晴らしい未来は待っているでしょうか?
どんな未来を生きていたいですか?
 
    
【健康的な生活で得られること】
▷「太ってはいるけど、病気もなく足腰の負担もなく不自由もないから問題ない」
 
▷「健康診断で引っかかる部分も1つもないし、体重はその時に合わせてまた減らせば良い」
 
▷「今は子供のこと優先で、自分は後回しにするしかない」
 
▷「まずいという思いはあっても、仕事や子育てで忙しすぎてそれどころではない」
 
各家庭、個人的にでもいろんな思いがあり、今は難しい or それで良し
としている場合もありますよね。
 
だけど、健康って資本だと思うんです!
▷糖尿病になり酷い場合週3回1日中透析を受けるはめになる。
 それにより収入がstop💧
 
▷子どもが巣立ったら夫婦で旅行三昧予定が病院通いで夢を断念。
 
健康がない限り、色んな希望や夢は成り立たないと考えています。
 
 
【数年後を見越して「今」を生きる】
70代でスポーツインストラクターを目指し実現されている方もいらっしゃいますよね。
年齢って関係ないんだなと思わせてもらいました✨✨
 
年齢だから、更年期だからは実は前に進まないための理由にしている場合も…
いつだって健康にフォーカスし続ける事は可能なんです。
 
「今」は表面上問題が出ていないとしても、数年先を見越して「今」を大事にする
ことはとっても大切な選択です。
 
次回はなぜ年齢と伴に筋肉痛や消化不良が起きるのか、お伝えしようと思います。
                                miyuki